人気ブログランキング | 話題のタグを見る

長野で木の家、パッシブソーラーの家。

ommidoriya.exblog.jp ブログトップ

平成20年 安全祈願祭

平成20年1月11日に安全祈願祭を午後4時よりと執り行っていただきました。

本年は武井神社斉藤神司さん(現在、長野県神社庁長)に祈願していいただきました。
11日は鏡開き、そして当社会長の誕生日。
正月中に重々しく飾られていた鏡餅を割るということは、大正月の終わりと、その年の仕事初めを意味する事から、毎年この日を家づくりに協力していただきている業者の皆さんと新年会を行うのが良いと考えております。
平成20年 安全祈願祭_f0117498_13592482.jpg



美登利屋工務店 代表取締役社長/森 望 の思い。

美登利屋工務店の理念・目標

「居心地い建築」(人の住まいづくりで、心と技術力の向上)
弊社は大正7年9月創業して、今年90年になる。
建築は簡素でありながら、美しいもの「古きのれんと新しい技術」を持って心と技術を向上する。

親父(会長)が病になり、本人も死ぬときは家で死にたいと言った事から、自分もそうですが、奥さんがいて家族がいる。
例えばそんなことが居心地のよさです。
だからそれぞれの居心地のいいと思えるものを提案していきたいと思います。
地域に対しても自分に対しても、良いと思えるものを造り、社会に還元提供する。
それを努力し、造りあげる仲間の集まりがここの皆です。
今年も共に御協力をお願いします。

実施内容
①作業内容確認・実行
②現場清掃・整頓
③反省と直感力
 
以上の3点を徹底実行していtだきたい。


協力業者さんの代が変わった(若くなった)会社もあり、自己紹介と本年の抱負を語っていただきました。


内山電気さん
息子が昨年6月より一緒に仕事を始めました。


ながのビニックス/山崎さん
言葉とはとても大切なもの。
使い方ひとつで伝わり方が異なる。
言葉の対応に気をつける。


松野大工さん
挨拶だけはよくするように。
それが基本であり、若い皆には伝えたいと思う。


山二/金井さん
健康であれ。
健康でなければ何も出来ない。
自分自身の管理力も測れる。


関東ナショナル設備建材/小出さん
工事中の近隣への挨拶、声かけ、気遣いをする。
建物完成後の施主さんが地域の皆さんと、よりよい関係を築いていけるように。


はしやま畳店さん
工事の最終段階に登場しますが、畳の匂いは施主さんの笑顔も喜ぶ。
喜んでいただけるよう、心がけています。


ウルマ板金さん
父の家業を継いでから22年目。
長く続けるとは、いい事もあり悪い事もある。
社長だとか小方も関係ない。
たまたま私が社長をしているだけである。
それぞれ平等と考えることが大切。
だからこそ、それぞれの仕事への気持ちの持ち方が変わる。
職人だからといって昔のようにはいかなくなった。
誰でも出来る仕事に変化してきた。
だからこそ手の抜いてしまうことのないように。
雨降りの建前は泥で汚れてしまい大変だが、自分が施主だとしたら、隠れてしまうところでも
汚れていたらどのように思うか。やはり気になるものである。
我々にとっては一つの仕事に過ぎないが、施主にとってはそれが全てである。
この事を常に忘れずに日々の仕事をする。


若林会計事務所/中沢さん
景気が上向いていると言うが、一部の企業であって、廃業された方が一番多い年だった。
家を建てるとほとんどの人が一度しかないと思う。
男性と違って女性はシビアである。
感情も豊かである。
気をつけることは、女性を怒らせてしまったら大変、気持ちを汲んであげる必要がある。
職人はひとつのことをしていればよいという時代は終わったと思う。
一つのチームと考え、連携をとっていくことが大切である。
知恵とずくと気配り。
知識を知恵に変え、年とともにすく(長野の方言)が無くなるが、これを怠ることがないように
気配りが大切である。



当たり前であり基本の事を皆で年の初めに心にとめ、実施内容にもあるよう反省そして直感力で何をどうしたら変っていけるか考え実行することをお願いし、会議を終了しました。

平成20年 安全祈願祭_f0117498_14315291.jpg

by om-midoriya | 2008-01-16 14:34 | 美登利屋 行事
line

長野市のパッシブソーラー工務店、美登利屋工務店の社長のブログです。


by om-midoriya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31