人気ブログランキング | 話題のタグを見る

長野で木の家、パッシブソーラーの家。

ommidoriya.exblog.jp ブログトップ

鬼無里中学校第二屋内運動場の保存ならず

鬼無里中学校の100歳「第二屋内運動場」は
解体されてしまいました。

大変心が傷み、力が抜けてしまいました。
鬼無里の文化をズタズタにされた、そんな気分です。
建築は、文化を伝える大切なひとつの手段です。
鬼無里中学校第二屋内運動場の保存ならず_f0117498_17121032.jpg

鬼無里中学校第二屋内運動場の保存ならず_f0117498_17122359.jpg






①全部材をソウマ(キコリ)が木を切り出し里まで運ぶ、
その材に、大工が手斧(ちょうな)仕上げ、超仕上げ、鉋(かんな)仕上げが施してあります。
(明治時代において、大変な人の手が入っています)
②鬼無里地松の良材が使われ、心材で目が大変詰んでいて、100歳でも木材は生きているんです。
鬼無里中学校第二屋内運動場の保存ならず_f0117498_17251796.jpg

③ほぞ おす・めすに100年経っても隙間がない。
鬼無里中学校第二屋内運動場の保存ならず_f0117498_17254524.jpg

④金輪継ぎ手(かなわつぎ)を一般につかっていた。
鬼無里中学校第二屋内運動場の保存ならず_f0117498_17175432.jpg

鬼無里中学校第二屋内運動場の保存ならず_f0117498_1724525.jpg
鬼無里中学校第二屋内運動場の保存ならず_f0117498_1725519.jpg
鬼無里中学校第二屋内運動場の保存ならず_f0117498_17253418.jpg
鬼無里中学校第二屋内運動場の保存ならず_f0117498_17255536.jpg

木造建築の構造耐力を数値化し、安全性の確認について一般の人達に説明できるよう
私の生きている間、なんとか勉強をして証明したい。
また、先生の力をお借りして伝えたい。
豪雪地において、100年建っていたのだから証明できないはずがない。
by om-midoriya | 2010-09-07 17:31 | 建築にふれて感じる
line

長野市のパッシブソーラー工務店、美登利屋工務店の社長のブログです。


by om-midoriya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31