長野で木の家、パッシブソーラーの家。

ommidoriya.exblog.jp ブログトップ

繋ぐ舎(いえ)完成

『繋ぐ舎』が完成を迎えました。
f0117498_16391643.jpg

f0117498_16392988.jpg


心豊かにゆったり、気持ちのよい舎(いえ)になりました。
これから植栽、車庫、アプローチと外構に手を加え、
更にゆったりと暮らされていくことでしょう。
[PR]
# by om-midoriya | 2015-05-07 16:56 | 現場日記

宮大工の彫物

善光寺にほど近くの武井神社
ここの本殿も昨年発生の神城断層地震の被害を受けました。
向拝の木鼻獅子が外れてしまい、復旧修理を行いました。
f0117498_11404680.jpg

f0117498_11411030.jpg

f0117498_11411913.jpg


f0117498_13184577.jpg

f0117498_13185654.jpg

この木鼻獅子は、宮大工であり彫工の「篠原儀作」の作だという「刻銘」が裏面に記されていました。
今回のことがなければ、判明しなかっただろう貴重な発見です。
ペリーが来航するころ、手とミノとで作り出された彫物の技はみごとなものです。

善光寺の御開帳も間近に迫りましたが、訪れた際には、少し上方を見上げ
数々の彫物の美しさも心に刻んでいただけたら・・と願いを込めて・・・
[PR]
# by om-midoriya | 2015-03-30 11:57 | 現場日記

成田山にて

成田山新勝寺へ参詣してまいりました。

開山は平安時代、その時代から続く御護摩の火、祈願はとても有名。
初詣に多くの人々が訪れるそうで、先代も良く参詣していました。

f0117498_1842297.jpg

歴史ある総門(そうもん)は、見事なものです。


f0117498_1846229.jpg

そして、仁王門(におうもん)


f0117498_18471328.jpg

三重塔(さんじゅうのとう)指定文化財



神仏習合(しんぶつしゅうごう)、お寺であると共に、出世稲荷が佇んでいる成田山新勝寺で
御火加持(おひかじ)でお不動さまの御霊徳をいただく。
これには、お不動さまのご利益があるという。
お祈りする時は心を無にする、世界が平和になりますように・・・。


聖徳太子が仏教を受け入れたこと、その思い「平和への祈り」
今に伝わるのですね。
[PR]
# by om-midoriya | 2015-03-10 18:58 | 建築にふれて感じる

断熱材は

このところの気温上昇で、屋根上の積雪がいっきに落雪しているようです。
氷の塊ですよ。
これによる被害において、いくつか連絡いただいております。
どうぞ、お気を付けください。
f0117498_13203990.jpg

このシーズンの積雪は例年以上ですから、そのあとも用心しましょう。
自然に逆らわず、やさしく付き合いたいと思うのですが・・・。

『繋ぐ舎』断熱材の施工も順調です。

壁の断熱には、羊毛断熱材を入れ込み、
f0117498_13353488.jpg


下屋の断熱は、セレラップを張った中に、セルロースファイバーを吹き込み
f0117498_13384585.jpg


そして、2階と1階の防音対策に、天井に羊毛断熱材を入れ込みました。
f0117498_13411479.jpg


あったかいん~だから・・・
[PR]
# by om-midoriya | 2015-02-26 13:51 | 現場日記

絆の舎完成

先日、小川村で『絆の舎』完成見学会が開催されました。

幸い大雪にはならず、小雪の舞う中
お越しいただきました皆さま、感謝申し上げます。

ナチュラルな色調の室内で、まったりゆったり見学されたのではないでしょうか。

f0117498_944313.jpg


建具は、高栄工房さんの作
若い職人さんが育つといいですね。

f0117498_95497.jpg


やはり、家族が自然に集まる場所が心地いいemoticon-0102-bigsmile.gif
これが大切です。
床が冷たくない、これもいいですよね。

f0117498_958359.jpg


たくさんの職人方々の手とお施主さまとで作り上げる
当社の舎(いえ)づくりです。
そして無事、翌日お引渡しとなりました。

今週末、14日(土)15日(日)モデルハウス「信濃の舎」見学会です。
15日(日)は、家づくりに関わる税、税制改正概要について
知っ得セミナーを開催します。

この季節、太陽が顔を出すemoticon-0157-sun.gifとパッシブソーラーは大活躍
これを体感できるモデルハウス「信濃の舎」で
皆さまのお越しをお待ちしております。
[PR]
# by om-midoriya | 2015-02-10 10:15 | 現場日記

安全祈願

舎(いえ)づくりというのは、決して一人ではできないこと。
当社の舎(いえ)づくりに欠かせない、職人方々と一年の安全祈願を執り行ってきました。
f0117498_1154237.jpg

武井神社の斎藤神司さんに、一同お祓いをしていただき
身も心も清めていただきました。

皆さま、「安全第一」に工事を進めてください。

場所を移し、権堂町の割烹「かしく」
f0117498_11565941.jpg

日頃、職人一同が集まることはまずない。
交流を深めていただける機会、この樽酒が飲みきってしまうように。

そして、今年こそ災害のない一年となりますように。
f0117498_1215978.jpg

[PR]
# by om-midoriya | 2015-01-19 12:02 | 雑記

今年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

先々代から数え今年で創業97年、
三年後の100年へ向け、気持ちを引き締めつつ

大晦日、権堂町の秋葉神社
f0117498_14421185.jpg

年の暮を拝みつつ


職人の一年が始まりました。

絆の舎(いえ) 外壁の上塗りが完了です。
f0117498_14475327.jpg

外装材はマヂックコート、外壁に着いた汚れは雨で流れ落ちるというもの。
これから、内装の左官工事に入ります。

今月末には、完成見学会の開催予定なので
職人の皆さま、頑張ってください。


もう一つの現場、
繋ぐ舎(いえ) サッシの取り付けとともに、内断熱の羊毛断熱材を施工中
f0117498_1534448.jpg

サッシはトリプル樹脂サッシを採用、大工さんが「暖かい」と
大工さんの言うことには間違いないです。

あれ、羊毛断熱材が写ってなかったですね。
失礼しました。
しかし、ここが二世帯が集う居間となります。
暖かさが伝わるでしょうか・・・・。
[PR]
# by om-midoriya | 2015-01-09 15:19 | 現場日記

年末年始休業のお知らせ

本年も大変お世話になりました。
無事、年の瀬を迎えることができましたこと
感謝いたします。

f0117498_10493589.jpg



年末年始のお休みは、
12月30日から1月6日までとなります。


それでは、皆さま良いお年をお迎えくださいませ。
[PR]
# by om-midoriya | 2014-12-29 11:02 | 雑記

棟上げ

上田市の『繋ぐ舎』

鬼無里産のスギ材
f0117498_1365674.jpg

おじいさんの管理する山から切り出した丸太、棟木に加工中
立派なスギ材。


基礎工事が完了
f0117498_13185245.jpg

太郎山々が一望でき、紅葉がきれいです。


f0117498_13294046.jpg

土台を据え、足場を組み上げたところ。


f0117498_13312375.jpg

クレーン車を使用しての建て方作業は、ワクワクしますねぇ。
大工さんの力で、少しづつ形が見えてきます。


棟木に墨書
f0117498_13332862.jpg

これからこの舎をお守りいただく意味を込め、棟木に直接墨書します。


棟上げ
f0117498_14463876.jpg

f0117498_14464899.jpg

いいですね~
棟上げ完了です。
[PR]
# by om-midoriya | 2014-11-28 14:49 | 現場日記

神城断層地震

このたびの長野県神城断層地震において、
被災に遭われたました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

たくさんのご心配をいただき、ありがとうございます。
建築に携わるものの責務として、今回の地震状況をお伝えします。

私、11月22日20:08地震発生時、小川村の自宅1階に女房と居ると
「ドーン」と音と共に、東西に10秒ぐらい横揺れが長く続く。
細かいものが落ちてきた。

台所が2階なので、様子を見に行くと、
食器棚(開戸)から、コップ・皿などが飛び出て割れていた。
停電はなかったが余震が続き、怖さを感じた。

私の家は、25年前に新築、2階床下地にALC版厚さ100mmを
蓄熱帯にしてあるが、あまり効果が感じられない。
外壁サイディング、内壁砂色しっくい塗り、被害状況はない。

近所の家やご家族を確認に行き、みんな無事で良かった。
連絡をたくさんいただき、女房が対応してくれ、
「無事」と確認され、安心いただいた。
片づけは明日にして、寝ることにしたが、余震は続いた。

23日朝から、家の片づけを行う。
小川村役場からの震度値は6弱を発信。
この建物は半地下構造、地下が駐車場の2階が地震計なので
少し高めの値かと思う。

昼より白馬村の堀之内地区へ向かう。
白馬への道路が通行止めなので、回り道を通り行く。

30件ほどの集落
f0117498_16595984.jpg

家は全壊したり、傾いている。

15年前、当社で建築させていただいた家
f0117498_172121.jpg

建物の被害はないが、断水のため、ご家族は避難されていた。
この家のコンセプトは、「丈夫で暖かい舎」なので予定通り。
2階が居間と台所の構成、かなり揺れを体感し、精神的に参ったようだ。
薪ストーブは問題ないが、薪置場が崩れ、石油タンクがひっくり返った。

古い民家
f0117498_1712575.jpg

f0117498_17152281.jpg

f0117498_17153268.jpg

北に傾いて壊れている。
柱長ホゾが裂けているか、分からない。

昭和50年代
f0117498_17154731.jpg

1階がガレージ、2階居室のパターン
教科書通り。

戦前の母屋
f0117498_1717414.jpg

戦前に建てられた(伝統工法)の母屋は無事。
昭和に増築された(在来工法)部分が壊れていた。

伝統工法の民家
f0117498_17202346.jpg

便所などの平屋部分に、水平荷重が掛かり壊れた。

再生白馬の家
f0117498_1723932.jpg

4年前に再生工事をさせていただいた、再生白馬の家
玄関平屋部分に一部クラックが入るが、他は大丈夫。
f0117498_17245769.jpg

室内は本棚が倒れ、「ギシギシ」音がすごかったようだ。

豪雪式土蔵
f0117498_1734236.jpg

f0117498_17341336.jpg

山裾に建てられている豪雪式土蔵も被害にあっている。

伝統工法の民家
f0117498_17352097.jpg

1階に壁がないので、柱が座屈している。

白馬村北城
f0117498_1732739.jpg

f0117498_17325352.jpg

f0117498_1733527.jpg

f0117498_17331934.jpg

f0117498_17333041.jpg

白馬村の北城から、逆断層の様子。
平らな田んぼと道路に1mぐらいの断層ができた。

長野県北部地震の現地に行ってきましたが、想像以上に建物が倒壊していました。
地盤が悪いことと、周波がゆっくりと長かったようですが
今後の調査を待ちたいと思います。

この地震で、人に対して「揺れ」に関する精神的なケアをどうするか
考えさせられました。
[PR]
# by om-midoriya | 2014-11-25 16:39 | 雑記
line

長野市のパッシブソーラー工務店、美登利屋工務店の社長のブログです。


by om-midoriya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31