長野で木の家、パッシブソーラーの家。

ommidoriya.exblog.jp ブログトップ

土台材はサンチン

千曲市で再生工事を施工しています。
設計は、アート設計工房さんです。
f0117498_18101528.jpg

築約155年(安政5年)伝統工法の民家です。

曳家工事
f0117498_18163290.jpg

f0117498_18131814.jpg

鳶さんによる家直しの最中です。


f0117498_18135941.jpg

土台には、サンチン(エゾサンザシ)が使われていて、
大工さんや鳶さんは理解されていました。

サンチンは、北海道にある木で、
水や虫に強い丈夫な木だそうです。
昔は信州にもあった木で、木の赤い色が現場で蘇りました。

かつての杣(ソウマ)や大工は、先を見据えた家づくりをしていたのです。
この現場では、見習うべきことがたくさんあります。
現代の家づくりにも生かしていきたいです。
[PR]
by om-midoriya | 2014-02-14 18:52 | 現場日記
line

長野市のパッシブソーラー工務店、美登利屋工務店の社長のブログです。


by om-midoriya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30